« フィラディスのアルチザン・シャンパーニュ試飲会&セミナー | トップページ | ヴィーニョ・ヴェルデ »

2017.04.10

スペインワイン談義

 

 スペインワインのインポーターさんと、スペインワインよもやま話。

 

 その方と私は、全般的にはワインの好みが似ているのですが、スペインワインについては明確な差異点があります。私はリオハ・グラン・レゼルバが大好きですが彼は苦手、彼の好きなプリオラートの某有名ワインは神経質すぎて私は苦手、とか。だから議論が楽しい。

  私はその時、池袋駅前の老舗地元系洋菓子店タカセで買ったマドレーヌやバームクーヘンの袋を持っていました。池袋に古くからゆかりのある人はみな、タカセには大変にお世話になります。私は言いました、「タカセは最高の洋菓子ではないだろうが、地元になくては困るし、あの気取らない味ならではのよさがある。値段を考えたら素晴らしい店だ」。「そうそう、食パン100円というのは大事」。「タカセみたいなワインがいい。たとえば協同組合のランシオみたいなワイン。適当に緩くて、ペンキがところどころ剥げた町はずれのバルで日中飲んで似合うような」。「そういうのは売れないし、他の人がやればいい」。うーむ、そういうのこそ、南国っぽくて、ラテンぽくて、いいと思うのですが、、、、。というか、タカセが売れなくてカリスマパティシエ系お菓子ばかりが売れるのだとしたら、それはどんな消費様態なのか。地に足がついていないと言えるのではないのか。

Dsc02939_2

▲スペインの田舎のバル。ここで飲んでしっくりくるワインはなんだろうか。

 その方の選ぶワインは、どちらかといえば、バルセロナのミシュラン系レストランで出てくると似合うだろうワイン。客観的に見れば非の打ちどころのない美酒。お出しいただいたワインをテイスティングして、私は言いました、「これはシャンボール・ミュジニー・レ・クラが好き、という人に受けるワインですね」。「そうそう」。「レ・クラとぬけぬけと言ってしまえる人には『まだまだ青いな』と思っちゃう。あえて『自分が好きなブルゴーニュは、モレ・サン・ドニのパス・トゥー・グラン』と言うかも」。

 もちろん私はシャンボール・レ・クラも好きです。しかしその方向を褒めるのは簡単というか、誰でもするので、あえて違う方向を言いたくなります。真面目にやっている正当な努力の味は予見可能。偉大なワインは自分がそう発見するまでもなく偉大。個人的には、テキトーな味の中に見え隠れする文化の厚みやテロワールのすごみ、みたいな世界に興奮します。

 たとえば。去年のベストワインのひとつは、ルーマニアの道端で売っていたマスカット・ハンブルグの微甘口ワイン、です。3年前のベストワインのひとつは、クロアチア、フバールの、家だかワイナリーだから分からないようなきったないところでおばあさんが造って、ミネラルウォーターの空きペットボトルに詰めて売ってくれたプラヴァッチ・マリ(たぶん)のワイン、です。何も考えて造っていないので、何か聞いても無駄です。赤と白ぐらいしか分かりません(そもそも後者では、白と書いてあるジャグに赤ワインが入ってました)。しかし味のレベルは驚異的。そういうワインにスペインでも出会ってみたい。最近、ワインに先立つ理屈、言葉が多すぎるのです。何だか分からないが、とにかくすごい、でいいではないですか。飲めば分かるなら、飲めばいいので、おいしい理由をまず聞く必要はない。飲んで分からないなら、おいしい理由を聞いたところで本当のところは分からない。

Dsc02937_2
▲ベランダに並べられたランシオ造りの瓶。伝統の味。

 その方が言うように、バルセロナのミシュラン系上品ワインと、私が好きなランシオ的ワイン(先日タラゴナでランシオ飲んだ印象が尾を引いていてすみません)と、「どちらもスペインワインであって、どっちかだけではだめ」です。当然です。でも、後者の方向性のワインを見聞きする機会は案外と少ない。

 誤解を防ぐために言っておかねばならないのですが、これは高価と安価という値段の差によるカテゴリーではありません。高価な農業系と安価な工業系という区分でもありません。ワイン造りの意識の持ち方、姿勢の違いです。工業ワインはもとより論外です。

 低劣テロワールで無為に造ったらまずいものしかできないでしょう。スペインからは、それこそジョージアやフヴァールのように、無為自然の素晴らしいワインが出来ると信じています。スペインワインを全方位的に理解されている方なら誰でも、有意自然と無為自然のふたつの方向性(大事なのはどちらも自然な味だということですが)のワインを揃えて欲しと期待してしまいます。

 

« フィラディスのアルチザン・シャンパーニュ試飲会&セミナー | トップページ | ヴィーニョ・ヴェルデ »

試飲会等」カテゴリの記事