« ヴィーニョ・ヴェルデ | トップページ | 日本酒の講座 »

2018.04.13

ワイン&グルメでのヴィーニョ・ヴェルデ

 お台場の東京ビッグサイトで行われたワイン&グルメでは、昨年に続いてヴィニョ・ヴェルデの大規模なブースが目立ちました。
 この何年か、ポルトガルのヴィニョ・ヴェルデは大変に積極的なプロモーションをしています。ポルトガルと日本は魚料理主体という食文化が共通しているというのが大きな訴求点です。これはキャッチ―です。
 以前にも書きましたが、私は西洋的な「魚とワイン」の組み合わせに必ずしも同意していません。「魚=軽くてさっぱり」、ゆえに「魚用ワイン=軽くてさっぱり」というロジックは、最初の魚の味の定義が異なれば成り立ちません。それは主観的なものかも知れませんが、こってりかさっぱりは肉か魚で別れるものではなく、個別の動物によります(馬はさっぱり、熊はこってり、いさきはさっぱり、ぶりはこってり、みたいに)し、調理法にもよります。赤身牛肉のステーキは400グラム食べられてもアオリイカの刺身400グラムは無理です。 
 たまに聞く「レモンを魚に絞るような感覚で魚の生臭みを取る」という発想に至っては根本的に間違いです。魚にレモンをかけると魚のうまみや甘さがなくなってしまうからです。
 ですから軽くてさっぱりした日本料理向けのワインという現在いろいろなところで見られるテーマには疑問を持ちます。そもそも日本料理(京都のなになにという料亭の料理、などというものは例外であって、とりわけ家庭消費用のワインの話をする時にお殿様・お公家様の料理を前提としていてどうするのか)は軽くてさっぱりなどしていません。
 ですから私はそのような“スタイルとしてのヴィニョ・ヴェルデ”にはあまり興味がありません。しかし誤解されたくありませんが、それはヴィニョ・ヴェルデが低質なワインであるとか俗っぽいド素人向けワインであると言っているのではまったくありません。日本のワイン評論家やオピニオンリーダーが全員ヴィニョ・ヴェルデ協会の設定テーマに沿った同一のメッセージを発信しているなら、誰かひとりぐらいは「本当にそのロジックは正しいのか」と疑問を呈していかないと、むしろ不健全ではありませんか。

Dsc05923

 降水量が多い花崗岩土壌の味らしいワイン(ほんの一部にシスト土壌もありますが)であることのほうが、「軽くてさっぱりした日本の魚料理に合うワイン」であることより、私にとっては重要です。私の問題意識からすれば、今回いくつか試飲した中で一番印象に残ったのはVale dos Aresであり、そのオーナーであるMiguel Qeimadoさんがワインメーカーを務めるSem Igualです。彼は意識的に「アングロサクソン好みの酸が高くてタイトな味のワインに仕上げた」と言いますし、おかげでワインアドヴォケイトでは92点という極めて高い評価を得ており、それはそれでいろいろと議論を呼ぶ問題ではあるのですが(この話をしていると長くなる)、私の評価する点はそこではありません。彼のワインが、1、炭酸ガス添加によるスッキリ感を否定したナチュラルな造りであること。2、酸のレベルは高いが早摘みによる青い酸ではなく安定感がある酸なこと。3、珍しく重心が上ずらずに下半身がしっかりしていること。4、ミッドの密度が高いこと。5、余韻が長いこと。6、オーガニックを支持し、来年には認証取得予定であること。です。高品質ワインにとっては当たり前のことですが。
 ミゲルさんは「ヴィニョ・ヴェルデではほとんどみんな炭酸ガス添加」だと言います。「発酵後すぐに瓶詰めするから炭酸ガスが残っているのかと思いましたが、違うのですか」と確認すると、「違う、後から添加している。私は醸造家だから知っている」と。そういうテクニックが優先されてしまうと、“スタイルとしてのヴィニョ・ヴェルデ”になって、私は距離を置きたくなるのです。

Dsc05924


 Vale dos Aresは「蔵出し4・9ユーロ」。質からすればそんなものでしょう。しかし「ヴィニョ・ヴェルデとしては高い。世間はヴィニョ・ヴェルデを安いワインだとみなしているから」。そうすると、まず目標としての価格が先行して、薄いワインになってしまうのでしょう。何度も言いますが、上品であること・しなやかであることと、薄くて平面的で腰高な味であることのあいだには、なんの関係がありません。
 ミゲルさんは「あの別府さんに評価していただいた」と喜んでいました。「別府さんを知っているか」と聞かれたので、「もちろん存じ上げています。日本では最も影響力のあるワイン専門家で、皆が彼をフォローしていますから、彼に評価されたのなら日本でも売れるようになると思いますよ」と答えました。

Dsc05921

 テロワール志向の、きちんとミネラルを感じられるヴィニョ・ヴェルデとしては、グアボス・ワイン・プロジェクトも気になった生産者です。生産者曰く、「ヴィニョ・ヴェルデの法的最大収量はヘクタール当たり10トン。うちのアルバリーニョ(これは収量が低めの品種)は4、5トン」。このようにブルゴーニュのグラン・クリュと同じぐらいの低収量になれば、ミッドの充実感も出てきますし、後半になっても味がボケません。おもしろいのは、ラベルを見て分かるとおり、畑の標高が書いてある。実際、低い標高はおだやかで丸みのある味、高い標高はメリハリ・緊張感のある味。プロならば畑の地名と品種ブレンド比率を聞けば味の予想がつくはずですが、素人にとっては見ただけで最低限の“土地の味”が理解できるこの生産者のワインは、分かりやすく、つまりは使いやすい。数十もあるヴィニョ・ヴェルデの品種名とその味を覚えるのは普通の人にはハードルが高いですから。

« ヴィーニョ・ヴェルデ | トップページ | 日本酒の講座 »

試飲会等」カテゴリの記事