« ラインヘッセンでのビオディナミ生産者向けセミナー | トップページ | シャトー・ロスピタレでワインと料理を考える »

2018.06.30

エルヴェ・ジェスタンと共にベルトランのワインを飲む

Photo_16


エルヴェ・ジェスタンさんはいつも同じ店でタラしか食べません。もともと肉はほとんど食べませんし、サーモンは養殖で薬品が使われているからイヤ、タイはたぶんギリシャ産だからイヤ、と、結局この日もタラです。彼がタラを食べるのを見るのはこれで十回目以上です。ルクレール・ブリアンのお隣のメゾンの人が「エルヴェ・ジェスタラに改名したほうがいい」と言っていたのはおかしかった。私は普通にステーキ。アメリカ産の牛肉でした。ワインは何にするか、とジェスタンさんからリストを渡されました。
J「シャンパーニュにする?」。
T「飲みたいシャンパーニュはないでしょう?飲んで文句を言うのが分かっているなら飲まないほうがいい」。
J「たしかに」。
T「我々はそんなにアルコールを飲まないのだから、フルボトルを頼んでも無駄になります。それに、料理と合わないワインを頼んではいけない」。
 
 彼は最大グラス二杯しか飲みませんし、それももちろんまともなワインだけです。
J「すべてのアルコールが悪いわけではない。ドイツでチャクラ撮影カメラが発明された。そろそろ発売される。実験機の結果を見たが、不揃いだったチャクラがビオディナミワインを一杯飲むと整ってきて、二杯飲むとピシッと真ん中に揃う。このカメラがあれば誰をも納得させられる」。

Photo_17
 グラスワインは何かとウェイターに聞くと、早口でいろいろな名前を挙げてくれました。よほどの人でないとどれがどんな味だかわからないでしょう。さてその中にベルトランのシャトー・ヴィルマジューのコルビエール・ブートナック2016が。ステーキは酸がないので酸が高い多くのフランスワインは合いません。コルビエール・ブートナックはもともと酸がソフトなアペラシオンですし、2016年は暑かったのでますますそう。そしてビオディナミ転換中。これしか選択肢がありません。
J「ああ、ビオディナミ転換中の香りがする」。
T「ちゃんと下方垂直性があるでしょう?」
J「君の影響が感じられるね」。
T「近頃では少数派の熟したブドウ。今の時代、高アルコールか未熟風味かの選択になる。そしたら高アルコールのほうがいい」。
J「当然だ」。
 大半の人は未熟風味のほうをよしとします。特にプロはそうです。アルコールが高いワインは疲れる、といった言葉をよく聞きます。アルコールがいやならたくさん飲まなければいいだけのこと。熟したブドウのワイン300ccと未熟なブドウのワイン330ccの違い。そもそも未熟ブドウのアルコールと補糖のアルコールは不自然な味がして私は頭が痛くなります。だから私は「好きなワインは?」と聞かれ、たまに「アルコールが高いワイン」と逆説的に答えます。しかしその後に、「私はアルコールは全く飲みません」と付け加えますが。
 それでもシャトー・ヴィルマジューはやはり少しアルコールが目立つ。果実の日ですからなおさらそう。チューリップ型グラスはアルコール臭いからダメです。上が開いた古典的な形のグラスをなんと呼べばいいのか。ケシの花型グラスか。それならもっと美味しいでしょうに、これまた大半の人はチューリップ型グラス独特のアルコール臭さをよしとしますから、そんなグラスはアンチックショップにしか売っていません。ビオディナミ的にはアルコールがアウトなのではなくアルコールがブドウを上回るのがアウトだと考えるべきでしょう。そして提供温度が高すぎます。ベルトランの赤ワインは15,6度でいいのです。
 さてマリアージュはどうか。今回アメリカのブラックアンガス牛のステーキと合わせてみて、なぜジェラール・ベルトランの生産量の25%という膨大な本数がアメリカで売られるのか分かったような気がしました。
 
 ジェスタンさんには息子が2人います。長男はモンペリエ大学で醸造学を学んだ後、今はニュジーランドの某巨大ワイナリーで研修中。そこに行くことは父親としては賛成出来なかったらしいですが、ま、子供は親とは反対のことをしたがるものでしょう。そしたら最近メールを送ってきて、「こちらのワイン造りを見ていたら辟易としてきた。帰ったらお父さんの下で学びたい」。私は「逆に戦略としてはニュジーランドに行かせて良かったじゃないですか」と言うと、「結果としてはそう。弟のほうは18才で、ずっとエンジニアリングを勉強すると言ってた。しかし最近、『ねえお父さん、エノロジストになるのは難しいの?』と聞いてきた。彼もワインに興味が出てきたみたいだ。私の理想は、彼ら兄弟があとを継いでくれること」。ジェスタンさんは60才になって、次の時代のことをあれこれ考えているようす。あちこちのコンサルタントを辞めてしまったのは、「自分の畑とワインに集中しないと時間がない。言っても分からない人たちに付き合ってられない」。彼のような天才にとっては他人は皆バカに見えるのかも知れません。しかし唯我独善と思われたら伝わることも伝わらない。二人の息子の活躍に期待しましょう。
 以前の彼はこんなに子供のことを話さなかった。今まで仲良くしてきたワイン生産者と別れたりしたあとにこうした子供の話を聞くと、秀頼生誕のあと関白秀次を自害に追い込んだ秀吉を思い出させなくもない。自分のあとを継げるのは自分の子供だけだと思うのは普通です。しかし秀次の一家郎党皆殺しにして生じた状況は豊臣家の弱体化であり、味方の離反。そして関ヶ原の敗北。そのシナリオだけは絶対に避けないとシャンパーニュのためにならない。ですから私はジェスタンさんには、ビオディナミの若手シャンパーニュ生産者全員のお父さんのような存在であってほしいと思うのですが。彼の考えはメインストリームとならねばいけないからですし、彼の技術は広く受け継がれねばならないからです。
 

« ラインヘッセンでのビオディナミ生産者向けセミナー | トップページ | シャトー・ロスピタレでワインと料理を考える »

ワインと料理」カテゴリの記事