« Raser-Bayer, Carnuntum | トップページ | Muhr-Van der Niepoort »

2018.07.17

Johannes Trapl, Carnuntum

Photo_4
▲ヨハネス・トラプルのラベルデザインは世界じゅうのワインの中でも最もセンスのよいもののひとつだと思う。

 デュッセルドルフのプロワインでヨハネスに会ってからまだ日が経っていませんが、今回は彼のワイナリーを訪問。自宅だといつも以上にボサボサ髪の彼。身なりはいい加減でもワイン造りは精緻を極め、いつもながらすごいワインだと感服します。一番ベーシックなブレンド、キュベ・ヴァイスとキュベ・ロートからして別格です。

Dsc06307
Dsc06308
▲村のメインストリートに面したトラプルのワイナリー(上写真の右端の家)。それにしても何度来ても人影も犬影も見ない、映画セットのような村だ。中に入るとすっきりしたコンテンポラリーな建築。


 会うたびに品質向上のアイデアを考えて伝えています。今回はアンフォラオレンジワインに軽やかさと香りの伸びを加えるやり方とキュベ・ロートに安定感と厚みを与える工夫を 伝授。簡単な方法なのに効果てきめん。ただ仕込むだけではなく、理想に対して何が不足し、どうすれば改善出来るか、彼自身で考えられるようにならないといけません。私が伝えているのは思考の方向性であり、論理形式です。

Dsc06309
▲ワイルドな雰囲気だが繊細な神経のヨハネス・トラプル。


 私が「オレンジワインの味が重くて水平的だ」と言うと、そこに同席していたオーストリア人は「早く収穫したブドウも一緒に入れればいい」と。それもある方向から見たときの正解。私は「アンフォラは陶器だから世界の四元素のうちの土、ビオディナミカレンダーで言うところの根の要素が強くなる。それはアンバランスな状態だ。バランスをとるためには土や根の反対の要素を足さないといけない。その反対の要素とはなにか?どうすればいいのか?」という問いを投げかけました。そして私は台所からあるものを持ってきて、ある方法でそのエネルギーをワインに与えました。実際に経験すると、彼は「ほんとうだ」と。もともと天才ですから、いい刺激を与えるとどんどん伸びます。考え方が分かったら、あとは自分で応用してもらえばいいのです。ここで、実際に何をしたのか、はあえて言いません。そこだけ抽出してしまったら、私もヨハネスもただのヘンな人と見なされておわりです。何をしたのか、ではなく、理想のイメージをもつこと、問題意識をもつこと、問題を言語化するテイスティング方法を習得することが先です。

Dsc06312
Dsc06310
▲2014年からワインの一部はアンフォラ熟成。車のタイヤをクッションにしてその上にアンフォラを置くのは素晴らしいアイデアだ。


 ちなみにトラプルはビオディナミ生産者です。セラーに入る時「携帯はオフにするか持ち込まないでくれ。中に調剤が置いてあるので影響を受ける」と。実際にその通りでしょう。しかしそう言った生産者は彼が始めてです。いかに繊細な感覚を持っているかよく分かります。そういった感性がないのにビオディナミだ亜硫酸無添加だと形式だけ踏襲しても意味がありません。
 ブラウフレンキッシュ最上のワインのひとつ、今やオーストリアを代表する赤ワインと言えるスピッツァーベルクは、2014年から一部アンフォラ熟成。以降はタイトな構造と高い凝縮度に加えて、好ましい広がり感も出るようになり、ますますすごいワインになっています。ただし、我々一般人がこのワインの本領を発揮させるためには上記のような発想に基づく技術も必要です。現時点では往々にして土と水の要素が強いワインなので、飲む時に火と風の要素を補う必要があるのです。本来なら、彼自身に四元素の力関係について意識してもらい、最初からバランスのとれた味にしてもらうしかありません。そのためにしょっちゅう彼と会ってはいろいろとお話しているのです。

« Raser-Bayer, Carnuntum | トップページ | Muhr-Van der Niepoort »

ワイン産地取材 オーストリア」カテゴリの記事