« 高円宮家での日本酒談義 | トップページ | バロッサの講座 »

2019.09.19

松瀬酒造御一行様向け特別セミナー

滋賀県竜王町の松瀬酒造の社長、杜氏、社員が揃って日本橋浜町ワインサロンにお見えになり、彼らの為の特別なワインセミナーを開催した。

Photo_20191006033201

 

日本酒とワインは関係ないばかりか、土地のスピリットを表現するという点において何の変わりもないはず。しかし今の日本酒は、その観点が希薄だ。ワインはアペラシオンがはっきりしているため、例えばアルテンベルグ・ド・ベルグビーテンという名前のワインなら、アルテンベルグ・ド・ベルグビーテンの味がしなければならないし、その畑がどんな土地でどんな味なのかについての情報は膨大な量が公示されているから、消費者もどんな味かは買う前にわかっている。では竜王町がどんな土地でどんな味なのか、誰か知っているのか。知ろうとしているのか。造り手でさえあやしい。ではそのお酒を評価するためのリファレンスはどこにあるのか。なければ単に個人の好き嫌いしかなく、流行りのスタイルに日本全国が流されるばかりで、そこで土地のスピリットが鑑みられることがない。それは日本酒として正しいあり方か。

いろいろな議題を、ワインテイスティングを通して議論することが出来た。このような膝突き合わせた話が、生産者と消費者の間、少なくとも生産者と酒販店や飲食店の間で出来ればいいのだが、そういう機会もなかなかないようだ。このぬるま湯状態、判断停止状態でよしとしている日本の状況が理解不能だ。まだまだ道は遠い。

このセミナーのテーマのひとつとして、料理とのマリアージュの話を依頼されていた。生、焼く、ゆでるではどう味が違うのか。肉の部位によってどう味が違うのか。等々。野菜、焼き鳥、ステーキ、ビーフシチューといったいろいろなお料理をお出ししつつ、どのワインがなぜ合うのかについてお話した。レストランに行ってあれこれ食べあれこれ飲んでも実は体系的な勉強にはならない。考察するポイントを絞り、そのための料理を作り、変数を少なくした形でワインと合わせ、味を分析し、一般論を導き出すというプロセスを踏む以外にない。それはこのテーマに関する基本中の基本の勉強なのだが、なかなかそれを経験する機会がないものだ。松瀬酒造の方々には楽しんでいただけたと思う。

« 高円宮家での日本酒談義 | トップページ | バロッサの講座 »

ワインと料理」カテゴリの記事