« 日本橋浜町ワインサロン講座 ジンファンデル | トップページ | 日本橋浜町ワインサロン講座 オーストラリアワインの基本 »

2019.10.31

ガンベロ・ロッソ トレ・ビッキエリ試飲会

六本木リッツ・カールトンで行われた試飲会は今年も大盛況。プロは今どきガンベロ・ロッソのトレ・ビッキエリに左右されないとは誰もが口々に言うことだが、こうしてイタリアの北から南まで百数十本ものワインを試飲できるのは有難い機会だし、確かに素っ頓狂なワインはなく、ある意味スタンダードな味のワインだから勉強になる。

Gb1

 

以下の写真は試飲した100本の中で好みだったもの。ドゥエマーニのカベルネ・フランやマージのアマローネやテルランのソーヴィニヨン・ブランあたりはもちろんトップのワインだが、いまさら言われても困るだろうから殿堂入りとして措くとして、ベスト3は、プーリアのフィアノ、プーリアのジンファンデル、オストレア・ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ。今回はトスカーナは全般にサンジョベーゼよりヴェルナッチャの方が美味しかった。どういうわけか毎年、この試飲会で飲むキャンティ系ワインの味が好きではない。全体にあまりに固く、色気、空気感がない。ピエモンテもここでは絶望的。評価基準が分からない。それに比べて他州は納得できるものが多い。

Gb11

Gb8

Gb10

Gb5

Gb7

Gb2

Gb3

Gb6

Gb9

Gb4

Gb16

Gb18

Gb19

Gb20

Gb13

Gb12

Gb14

Gb15

Gb21

 

フェッリーネのブースにはジンファンデルと並んでプリミティーヴォ二種があったが、ジンファンデルとプリミティーヴォは似て非なる味なのが良くわかる。客観的にはプリミティーヴォの方が緻密で流麗で上品。しかしジンファンデルのハジけ感、リズム感がいい。陳腐な喩えでは、プリミティーヴォはクラシック、ジンファンデルはロック。きれいでそつないワインばかりでは退屈だし、実際そういうワインばかりが幅を利かせがち。それは集団でのワイン評価にはほぼ不可避。減点法になるからだ。輸入元は、「カリフォルニアのジンファンデルとは全然違うでしょう?」と言ったが、私は「いや、相当同じですよ、カリフォルニアのジンファンデルの方がプーリアに近づいたとも言える」と答えた。世の中、ジンファンデルに対して偏見だらけだ。ジンファンデルという言葉はもはや実体を離れて、ある種の味を示す記号と化している。ちなみにプリミティーヴォの二種はテラロッサと石灰、ジンファンデルは黒土の畑。石灰はスカした味で腰高。石灰ならいいわけではない。

 

« 日本橋浜町ワインサロン講座 ジンファンデル | トップページ | 日本橋浜町ワインサロン講座 オーストラリアワインの基本 »

試飲会等」カテゴリの記事