« イタリア、スローワイン試飲会 | トップページ | ボージョレ・ヌーヴォー2019 »

2019.11.21

プレミアムチリワイン試飲会

チリワインは三つの類型に分かれる。ひとつは安い大量生産ワイン。ひとつはマイポの高額カベルネを代表とするアイコン・ボルドー系。もうひとつは南部マウレやイタタの地場品種や地中海品種の無灌漑ワインである。

今回は2番目と3番目のカテゴリーのワインの試飲会。ワインはどれもハイレベル。自根ワインはやはり美味しい。チリ=スーパーマーケットワインというイメージが強すぎて損をしている。プレミアムチリワインは世界のどんな高級ワインにも比肩しうる偉大なワインだ。

Photo_20191205215701 

Photo_20191205215301

Photo_20191205215302

Photo_20191205215402

 

写真は、中でも優れていたもの。こうして久しぶりに飲むと、第2カテゴリーの代表たるドン・メルチョー、カサ・レアル、レ・ディスが、数多あるチリのカベルネの中でいかに傑出しているかが分かる。それぞれ、悠揚とした風格、繊細なディテールとミネラル感、ミニ・ラフィットとしか言いようのない高貴さが素晴らしい。今回は特にレ・ディスの作りの上手さと隙のない完成度に感銘を受けた。これで五千円とは安い。上質なカベルネを望むならまずはこれを買っておこう。

 

Photo_20191205215001

Photo_20191205215101

Photo_20191205215401

Photo_20191205215703

Photo_20191205215702

 

注目は第3カテゴリー、マウレやイタタのパイス、カリニャン、サンソーだ。この話は何度もしてきたから皆さんにはお分かりいただいているはず。自根、無灌漑のナチュラルさは、それに一度気付くと他の作り込んだワインが飲めない。カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、ソーヴィニヨンと比べて、味に無理がなく、スムーズに広がり、ビビッド。なぜ大半の人はメジャー品種ワインを買うのか。メジャー品種名のみを記憶し、味わいや料理との相性を品種名と結びつけているからだ。記憶している十程度の品種のワインしか買おうとしない。マウレのカリニャンの栽培面積比率はたった1パーセント。シャルドネみたいな、マウレの産地アイデンティティ確立の上では正直重要ではない品種が7、ソーヴィニヨンが14。表層的ワイン教育がもたらす品種中心主義はこうして世界のワインを歪ませる。品種名を買うのではなく美味しく個性のあるワインを買え、というのはそんなにおかしな主張か?マウレのカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロがまずいとは言わないし(ちなみにカベルネ・フランはなかなか見込みあり。細やかで上品)、数多の北方灌漑徹底依存地域のアントレ・コルディヘラス地区より良いとは思うが、それでもパイス、カリニャン(写真中、VIGNOとラベルに書いてある)、サンソーとは比較にならない。

Photo_20191205215403

Photo_20191205215404

Photo_20191205215501

Photo_20191205215502

Photo_20191205215503

Photo_20191205215504

Photo_20191205215602

Photo_20191205215603

Photo_20191205215604

 

マウレ地区は北のクリコ・ヴァレーと南のマウレ・ヴァレーに分かれる。細かい話は今はいい。マウレの生産者、イレーネ・パイパのセミナーでは、質問時間に大変に役に立つ情報が得られた。冬季降雨と土壌保水性のバランスが良く、灌漑なしで栽培ができ、灌漑以前の歴史的な土地のことを、チリではセカーノと呼ぶこと。そしてセカーノの中心となるエリアは、マウレ27834ヘクタール中5438ヘクタールを占めるカウケネスであること。つまり、無灌漑ワインが欲しければ、カウケネス村に行け、だ。相変わらず質問時間すべてを私が独占してしまった。皆さんマウレに興味がないのか?いまマウレ(イタタやビオビオも含むが)に興味がないならチリワインに興味がないと言うに等しい。

自分にとってチリ最上のワインはセカーノの道端で売っている農家製ピペーニョだ。パイパさんに、ピペーニョの残糖について聞くと、発酵途中で売るから発酵し続けて泡が出ると。それがいい、と私が言うと、怪訝な顔をされた。工業メンタリティから脱して自然な味わいの魅力に自ら気付かないと、そこにある宝石が泥にまみれたままになる。もったいない。

今回のおすすめは、コイレのイタタのサンソーとミュスカに、ブションのパイス・サルバヘ。いや、これらは何時もおすすめ。考えられないほど安くて美味しい!

 

« イタリア、スローワイン試飲会 | トップページ | ボージョレ・ヌーヴォー2019 »

試飲会等」カテゴリの記事